走行性能とテンションが爆上がり!レーシングゼロコンペティツィオーネを分析してみた

ZeroCon

愛車をドレスアップしたい、でも走行性能は落としたくない。そんな本格派のサイクリストから絶大な支持を集めるレーシングゼロコンペティツィオーネ。その人気の理由や走行性能について調べてみました。 

レーシングゼロコンペティツィオーネって、どんなホイール?

レーシングゼロコンペティツィオーネは、イタリアのフルクラム社から発売されているハイエンドモデルのホイールです。同社はもともと、コンポーネントやホイールなど自転車パーツを製造しているカンパニョーロ社の子会社で、その質の高さには定評があります。

このホイールに関して語るべきことはたくさんありますが、まずはその外観を見てみましょう。

ZeroCon

https://www.fulcrumwheels.com/

はい、かっこいいですね。フルクラム伝統の「Two-to-Oneスポークレシオ」で組まれたホイールと、1本だけ赤に染められたスポーク。ひと目見たら忘れられない、インパクトのある外観です。1本だけ色違いってところに、イタリアならではの遊び心を感じますよね。

特徴的な外観が話題になりがちなレーシングゼロコンペティツィオーネですが、走行性能ももちろんハイクラスです。フルクラムのハイエンドアルミホイールといえば、レーシングゼロやレーシングゼロナイトが有名ですが、コンペティツィオーネはその兄弟分にあたるホイール。そう聞けばかなり性能も期待できるのではないでしょうか。

ということで、スペックを見てみましょう。

ZeroCon

https://www.fulcrumwheels.com/

 

レーシングゼロコンペティツィオーネ(RACING ZERO COMPETIZIONE)

  • タイヤタイプ:2-Way Fit
  • リムマテリアル:6082-T6アルミ製プレエイジドトリートメント
  • タイヤサイズ:28″
  • リムハイト:前27mm、後30mm
  • リム幅:22.5mm
  • リム内幅:C17
  • 適合タイヤ幅:25~50mm
  • スポーク:アルミストレートプルエアロタイプ、フロント:ラジアル16本、リア:Two-to-One左7本、右14本、アルミニップル
  • ハブ:カーボンボディ、アルミフランジ、CULTベアリング
  • 重量:1,475g

いかがでしょうか。

クリンチャーとチューブレスの両方に対応した2-WayFit。ヒルクライムにもロングライドにも使いやすいローハイトリム(前後で高さが違うのもかっこいい)。最近のホイールのトレンドでもあるワイドリム対応。超絶よく回るCULTベアリング。そして重量は前後セットで1,475g。正直なところ、これ以上いったい何を求めればいいのかわからないほどの高スペックです。

これだけの高性能で、しかも見た目もいいとなると人気を集めるのも納得ですよね。実際、サイクリストの中にはホイールのグレードアップだけでなく、ドレスアップを目的としてレーシングゼロコンペティツィオーネを選ぶ人も多いようです。

 

「レーシングゼロ」「キシリウムプロ」と比較してみる

「高性能で見た目もいいなら、他に迷う選択肢なんてないんじゃない?」と言いたいところですが、やっぱり6桁を超える買い物ですからね……。いろいろと迷いたくなるのが人情ってもんです。比較されることの多い「レーシングゼロ」「キシリウムプロ」との違いを見てみましょう。

レーシングゼロのインプレ

Zero

https://www.fulcrumwheels.com/

レーシングゼロコンペティツィオーネの兄弟分でもあるレーシングゼロ。見た目にこだわらないのであれば、少し安価なこちらを検討している人もいるかもしれません。

正直なところ、同じ「レーシングゼロ」の名前を冠するこの2つのホイールに大きな差はありません。「レーシングゼロ」最大の特徴である剛性が高さや、踏み込んだ力に対してクイックに反応してくれる性質はコンペティツィオーネにもしっかりと受け継がれています。リムハイトやリム幅も同じなので、得意とする場面もほぼ同じです。

基本的に両者のスペックはほぼ同じですが、以下の点だけが異なります。

  • 2-WayFit(クリンチャーとチューブレス)に対応
  • ハブがCULTベアリング
  • 重量が軽い

2-WayFitはともかく、ハブと重量に関しては気になる人もいるかもしれません。特にハブは無印レーシングゼロのUSBハブに対して、コンペティツィオーネは1ランク上のCULTベアリングを使用しています。このCULTベアリングはとにかくよく回ると評判がよく、同じ速さで回転させたホイールが止まるまでの時間を測定したところ、USBベアリングが10分で止まったのに対し、CULTベアリングは45分間回転し続けたなんて測定結果もあるのだとか。
もともとUSBベアリングを使ったホイールに対し、ハブだけをCULTに変換するなんてカスタムもあるくらいなので、とにかく性能を求めるシリアスライダーの方はコンペティツィオーネを選んだほうが幸せになれるかもしれません。

またコンペティツィオーネは無印レーシングゼロに比べて、20g軽いというのも一応ポイントのひとつです。たった20gと思うかもしれませんが、塵も積もれば山となる、ですからね。特にヒルクライムを主戦場とする人にとっては、小さくない差と言えるのではないでしょうか。

 

キシリウムプロのインプレ

KsyriumPro

https://shop.mavic.com

他社の同グレードホイールにも目を向けてみましょう。レーシングゼロコンペティツィオーネと迷うホイールの選択肢はいくつかありますが、マビックのキシリウムプロもその一つです。

コンペティツィオーネを検討中の人が、キシリウムプロも気になる理由はおそらく一つ。ずばり重量でしょう。キシリウムプロは前後セットで1,410gという超軽量仕様。コンペティツィオーネの1,475gだって決して重くないのですが、1,400グラム前半というのはやっぱりインパクトがあります。特にヒルクライムが好きな人にとっては見逃せない性能でしょう。

また、キシリウムプロはマビックのラインナップの中で「エンデュランス」カテゴリに属しており、どちらかというと快適性にフォーカスした作りになっているのも特徴の一つ。このクラスになると剛性も決して低いわけではないのですが、快適性も意識することで、ピュアレーシングよりはオールラウンド寄りの設計になっていると言えます。

 

レーシングゼロコンペティツィオーネを購入して幸せになるのはどんな人?

高性能で外見もいい。レーシングゼロコンペティツィオーネはどんな人におすすめなのでしょうか。これまでのポイントを少しまとめてみましょう。

とにかく高性能なホイールを求める人

まずおすすめしたいのは、とにかく性能が高いホイールを求めるピュアライダーの人です。レーシングゼロはもともと、アルミホイールの最高峰と呼ばれるホイールです。コンペティツィオーネは、それを回転性能や重量の面でさらに強化したもの。ヒルクライムやクリテリウムなどのレースでも、そして極限の状況下での性能が求められるブルベでも頼もしい相棒になってくれるでしょう。

「1本だけ赤」がどうにも忘れられない人

スポーク全部じゃなく、1本だけが赤。この絶妙な色彩バランスにビビッときた人は、何はともあれこのホイールを選ぶべきでしょう。特に白黒のモノトーンや、赤系の差し色が入ったフレームとの相性は抜群で、全体がビシッと統一された印象になります。

ちなみに、限定モデルですがスポーク全部が赤の「RED CUSTOM」というモデルもあります。かなり派手ですが「とにかくバチバチいきたい」という人はそちらを選んでもいいかと思います。

 

レーシングゼロコンペティツィオーネを履いたロードバイク

愛車のグレードアップだけでなく、ドレスアップ目的で選ばれることの多いレーシングゼロコンペティツィオーネ。いくつかその例を見てみましょう。

zerocon

https://www.instagram.com

こちらは赤と黒を貴重にしたシンプルなカスタム。フレームの差し色を生かしてレーシングゼロコンペティツィオーネを合わせる。さり気なくバーテープが赤になっている点もおしゃれです。

 

zerocon

https://www.instagram.com

もう少し色気が欲しい人はこんなカラーリングもあり。オレンジや黄色など暖色系の差し色との相性も抜群。一筋だけ入ったスポークの赤が、ピリッとしたアクセントになっています。

 

zerocon

https://www.instagram.com

赤基調のフレームなら、いっそ「RED CUSTOM」を選ぶのもアリです。スポーティな印象が強調されて、いかにも早そうなマシン。完成車付属かと思わせてくれるくらい、ビシッと馴染んでます。

 

どうせならお得に買いたい……おすすめはどこ?

走行性能はもちろん、外観も最高のレーシングゼロコンペティツィオーネ。でも、アルミホイールの最高峰と呼ばれているだけに、価格が気になる方も多いのではないでしょうか。

価格重視で選ぶなら、おすすめはやはり海外系の通販サイトです。例えばサイクリスト御用達のWiggleであれば、シマノハブのモデルで100,000円前後。一般的な国内販売店の実売価格が150,000〜170,000円前後であることを考えると、30〜40%オフと、かなりオトクに購入することができます。

zerocon

https://www.wiggle.jp

Wiggleでレーシングゼロコンペティツィオーネの値段を確認する

 

外見だけでなく、走行性能の高さも見逃せないホイール

一本だけ赤く染められたスポーク。レーシングゼロコンペティツィオーネはとかくそのかっこよさが注目されがちですが、CULTハブの採用や無印レーシングゼロを凌ぐ軽量化がされていたりと、基本的な走行性能の高さも注目すべきポイントです。

ホイールのグレードアップを考えている人はもちろん、ライドがマンネリ化して少し雰囲気を変えたい人にもおすすめです。眺めているだけでもテンションが上がりそうなレーシングゼロコンペティツィオーネを、あなたの愛車に選んでみてはいかがでしょうか。

Wiggleでレーシングゼロコンペティツィオーネの値段を確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です