【Chapter2】日本に上陸したばかりのチャプター2とは?【ロードバイク】

Chapter2

最近Twitterでも話題のチャプター2(Chapter 2)。

日本に上陸したばかりの人気ロードバイクを調査して情報をまとめましたので、是非ご参考ください!

 

チャプター2(Chapter 2)とは

チャプター2は2017年にニュージーランドから日本に初上陸したばかりのロードバイクです。

chapter2

jp-jp.chapter2bikes.com

チャプター2には”第二章”と言う意味があって、これは創設者のマイケル・プライドさんに由来しています。

彼は以前ニールプライドと言うロードバイクのメーカーを立ち上げていましたが自身が欲しい新たなロードバイクを作るためにニールプライドを売却しチャプター2を立ち上げました。彼にとっての第二章(チャプター2)というわけですね。

ちなみに、彼は大学で工業デザインを学んだ後、建築を学んで有名な一流企業に勤務。その際に香港国際空港のデザインなども担当していました。建築家としても超一流のようです。

chapter2

cyclowired.jp

左が創設者のマイケル・プライドさん。

 

優れたデザイン性が人気の理由

なんといってもデザイン性の高さが魅力のチャプター2。

Chapter2

独特の青みがブランドカラーとなっています。ビアンキのチェレステより緑っぽいカラーが特徴です。

Chapter2

jp-jp.chapter2bikes.com

トップチューブやダウンチューブにはマオリ族が使用する文様がデザインされています。これは風、山、海の自然の要素を表しており、創設者であるマイクプライドさんの出身地ニュージーランドへの思いが込められているようです。

(ちなみにテレとはマオリ族の言葉で「早い鋭い」と言う意味)

 

製造元

チャプター2では企画設計製造まで全てをホームであるニュージーランドで内製しています

ニュージーランドには世界最大のヨットレースであるアメリカズカップがあり、航空力学や合成素材のノウハウが全て集まっているといっても過言ではありません。

(ちなみに、マイケル・プライドさんのお父さんはニュージーランドのウォータースポーツ界で財を成した実業家のようです)

また素材は日本製の東レの最高級のカーボン(ピナレロでも使用されてる)を使っていて、これらはスポーツ産業から宇宙産業またF1でまで使われています。

徹底的にこだわられた素材・技術によってチャプター2は作られているみたいですね。

また世界基準のISO 42102014を取得しており安全性も保証されています。

 

モデル

モデルは「TERE(テレ)」の一種類のみ。

カラーバリエーションが豊富で、2018年現在で7色を用意しています。どれも色鮮やかでマイクプライドの類まれなるデザインセンスを感じられる仕上がりになっています。

MATT & GLOSS

jp-jp.chapter2bikes.com

jp-jp.chapter2bikes.com

GREEN & AQUA

Chapter2

jp-jp.chapter2bikes.com

WHITE & AQUA

Chapter2

jp-jp.chapter2bikes.com

BLACK &WHITE W/ PINK STRIPE

jp-jp.chapter2bikes.com

jp-jp.chapter2bikes.com

SPECIAL EDITION 4.0

jp-jp.chapter2bikes.com

jp-jp.chapter2bikes.com

LOMBARDIA

Chapter2

jp-jp.chapter2bikes.com

BRITISH RACING GREEN

jp-jp.chapter2bikes.com

jp-jp.chapter2bikes.com

 

どれもデザインが素晴らしい…

個人的にはチャプター2のブランドカラーが使われているホワイト&アクアとマット&クロスの2つが気になっています。ポイントで入った青がほんとにかっこいい。

 

価格

フレームセットで240,000円の価格設定です。

このスペックと優れたデザイン性を考えると240,000円はかなりコストパフォーマンスに優れたロードバイクだと言えるでしょう。個人的に本当に買おうか迷う…

 

またチャプター2ではアパレルも販売しておりブランドからの青みを活かしたおしゃれなレースウェアも用意されています。

 

実際、乗り心地ってどうなの?

走り始めからキビキビさを予感させる踏みの軽さがあり、20km/h以下でも心地よいペダリングで走ることができた。いよいよウォームアップが終わり、フロントギアをアウターにかけ上りに突入。30km/hほどの速度で比較的パワーをかけてシッティング、ダンシングともに試したが、振りの軽さが素晴らしい。シッティングでは腰、ダンシングでは上半身の動きに合わせて、自然に車体が振れ、ストレスを感じない。低速では安定感を疑うかもしれないが、中速からはペダリングする体にフィットしたフィーリングへと変わるだろう。

出展:https://cyclist.sanspo.com/354727

踏み出した時に感じたのはソフトさ。カーンと反射的に加速するような感じではないが、踏み込めば応えてくれる加速感が心地いい。もっとも爽快に感じたのは、ある程度スピードに乗った状態からさらにスピードをあげようとペダルに力を入れた時の加速性だ。あきらかに踏み出しの最初の加速よりもずっと反応が良く感じられる。実際の走行中に起こりうるのはこちらの加速局面だろう。そして下りでの安定性もまたこのバイクの魅力だろう。

出展:http://funride.jp/equipment/chapter2_debut/

※テストライドされた方の感想を引用しています。

 

国内外のレビューに目を通しましたが、みんな口を揃えて「踏み込みが軽い」「踏めば踏むほど加速する」「スピードに乗ると安定性が増す」の3点を強調している。

乗っていて爽快なバイクなのでしょうね。

 

チャプター2はどこで買える?

メーカー直販のため、基本的には公式サイトからのみ購入できるようです。

Chapter2

jp-jp.chapter2bikes.com

 

「アフターフォローが無いと不安…」「適正サイズを知ってから買いたい…」などの不安がある方は、国内の販売店を通して注文すると良いでしょう。

調べたところ、以下のショップを通して注文ができるようです(2018/2 現在)

  • ワイズロード(全国)
  • ミツイキサイクル(東京)
  • 大杉走輪(大阪)

 

 

こちらもどうぞ

ロードバイクのおすすめの服装!おしゃれな自転車ファッションブランドまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です