アイテム

【4選】ロードバイク購入するときに必要なものをまとめました

投稿日:2017/04/23 更新日:

ロードバイクをこれから買う人・買って間もない人向けに、ロードバイクを乗るにあたって必要なアイテムをピックアップしました。

 

ロードバイクそのものは決して安くない金額ですが、必要な周辺アイテムも揃えるとなると、出費はより一層大きくなります。

最低限必要なアイテムのみ紹介しているので、購入時の予算感として参考にしてみてください。

 

 

とはいえ、ひとくちにアイテムといっても、ロードバイクはやはり趣味の世界。値段もピンキリです。

わたしもロードバイクを買ったばかりは、何が必要で、どれを選べばいいのかまったく分かりませんでした。

いろいろ失敗もしましたが、、(ロードバイク買いたてのときに心拍計は要らなかった・・・)

失敗を踏まえ、ロードバイク初心者の自分におすすめしたいようなアイテムを選んでいます。

 

選ぶ基準ですが、ロードバイクを買う人・買って間もない人向けに書いてるので、初心者向けで汎用的なアイテムをセレクトしています。

激安!というわけではないですがお手頃で、且つ評判の良い、長く使えるアイテムを選びました。

 

 

 

ロードバイクに最低限必要なもの

ロードバイクに限らず、自転車は軽車両として扱われます。

だからロードレーサー(それが街乗りでも)には、マナーが求められます。

 

何ら難しいことはなく、車道の左側を走るとか、夜間はライトを点けるとか、わりと当たり前のことですね。

今回は、そんな最低限のマナーを守り、楽しくロードバイクに乗るためのアイテムを、”必要”なものとしています。

 

必ず買いましょう。

ロードバイクに盗難の不安は付き物です。

 

種類がいろいろありますが、ドイツ製のABUS(アブス)が有名ですね。

1924年創業の老舗ロックメーカーで、「セキュリティーに最も必要なもの、それは品質である」と唱え、厳しい品質テストを乗り越えた製品だけを世に出しています。

「ABUS=丈夫、安全」だという認識が根付いています。街中でも一番見かける鍵だと思います。

 

わたしも6年ほど愛用していますが、未だ切断されたりしていません。

ABUS

ABUS

少し表面の生地がハゲかけきていますが、まだまだ使えます。

 

 

ABUS

http://cy-factory.doorblog.jp

カラーリングの展開が多いのも魅力です。自分のロードバイクにあった鍵を選ぶことができます。

 

 

ABUSの中でも定番は”880″モデル。定価は7,140円ほど。

Amazonだと少し安め。

 

 

ヘルメット

交通ルールとして着用の義務はないけど、必要なものがヘルメットです。

初心者でも時速20kmは出るし、慣れてくると時速30kmや40kmは平気で出ます。

最低限の保険として用意しておいた方がいいです。

 

最近だと、イタリアンメイドのお洒落なヘルメットも増えてきていますが、日本人の頭のカタチに合わない等の問題も聞くので、ジャパンメイドのヘルメットをおすすめします。

OGK KABUTO(オージーケーカブト)が、品質と価格のバランスが取れていて、初心者向けだと思います。

 

 

「街乗りで使うし、ガチのヘルメットは嫌だなぁ」って方は↓こちらをどうぞ。

rinproject_kask

rinproject_kask

カジュアルなヘルメットで、”カスク”と言います。

俳優の火野正平さんが愛用していることで、人気に火がつきました。

131034297270213218852

 

私も愛用していますが、風通しも良く、カジュアルで街中でも使いやすいので重宝しています。

rinproject_kask

 

 

ライト(フロントライト・リアライト)

よく無灯火で走るロードバイクを見かけますが、実は道路交通法に違反しています。

街乗りであっても、夜間のライトの点灯はロードレーサーにとって義務です。

 

ライトは明るさによって、複数のモデルが出ています。明るさはルーメンという単位で表されますが、分かりづらい。

夜間の山道、一切の街頭無しなどの条件ではなく、単純に街乗り用途であれば 200 ルーメンぐらいあれば事足ります。

キャットアイの VOLT 200 は安価で、且つ国産のため品質も保証されていて、オススメです。

 

 

空気入れ

ロードバイクを買ってから、「そういえば無いな」と思うのが空気入れです。

ロードバイクは高い空気圧を送り込む必要があるため “仏式バルブ” が採用されていて、普通のママチャリと同じ空気入れは使用できないのです。

 

私は空気入れは1つしか購入したことがないため、複数レビューができないのですが、↑のPANARACER(パナレーサー)の空気入れは安くて、かつ5年ほど使用していますが一度の故障もなく使えているため、オススメできます。

 

 

 

費用のまとめ

さて、これらロードバイクに必要なものの費用を合計すると、以下のようになります。

※ 2017 / 04 / 23 時点の価格です。

ーーーーーーーーーーーー合計 ¥16,671

 

おおよそ、¥20,000 弱を予算として見ておけば、ロードバイクに必要なものは一通り購入できそうです。

あとは「もっとかっこいいヘルメットが欲しい」「夜間に走行するからもっと明るいライトが必要だ」など、自分の好み・状況に応じて必要なものを決めていきましょう。

ad

ad

-アイテム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【自転車】ロードバイクにオススメなサドルバッグ3つと選び方のコツ

今回は、ロードバイクにサドルバッグのブランド3選と選び方のコツについて。 ↑愛車のOLMOとAPIDURAのサドルバッグ。可愛いでしょ( ˘ω˘)   (特に)暑い時期、背中が蒸れるバックパ …

【黒リム】最高級アルミホイールのシャマルミレを徹底解剖!【カンパニョーロ】

この前紹介したカンパニョーロのゾンダは鉄下駄からの変更におすすめなお手頃&高性能アルミホイールでした。 今回は、そのアルミホイールというカテゴリの中で最高のスペックで、不動の人気を誇るのシャマルミレを …

パワーメーター

【4iiii】トレーニングの目安に、レースのペース配分に!パワーメーターPrecisionを導入してみました

会社の自転車部の先輩 @shin からの寄稿です。 とうとうパワーメーターを導入したらしく、インプレ記事を書いていただきました。   見出し1 パワーメーターとは?2 なぜパワーメーターを導 …

【キントー】デザインがとにかくお洒落なKINTO TRAVEL TUMBLR

冬、ロードバイクに乗っていても、美味しいホットコーヒーを「温かい状態」で飲みたい。 (夏、ロードバイクに乗っていても、美味しいアイスコーヒーを「冷たい状態」で飲みたいときも) 選ばれたのはKINTO …

【インプレ】FIZIK R4B UOMOを買いました【フィジークのシューズ】

シューズに限った話ではないですがデザインに妥協したくない私。 今回、ロードバイク用シューズを検討したわけですが、デザインが好きなフィジークとリンタマンの2ブランドで悩みました。 (シマノやSIDIは使 …