いかにも、じゃない自転車ウェア

ロードバイクが敬遠される理由の1つに、あのピチピチの服装が受け付けないというのがあると思う。

10049003982

 

↑こんなの

確かにこれだけ身体のラインが出る服って抵抗あるよね。

 

 

でもいまはクラシックなロードバイクに合わせられるように、街中でも歩けるようなデザインのものも増えてきているんだよ、ってことで2つのオススメブランドを紹介。

 

 

narifuri

スクリーンショット 2014-03-06 05.50.29

自転車に乗りやすく、時代に外れず、自転車を連想させない装い。それがnarifuriです。

乗りやすいシャツであると同時に、シャツ本来の姿であること。機能的なジャケットであると同時に、ジャケットとして美しいこと。

自転車に乗る機能にすぐれ、かつ美意識のある装いであるという、私たちが今、必要だと信じる洋服の在り方を形にしています。

 

服装はこんな感じ。

スクリーンショット 2014-03-06 05.51.41 スクリーンショット 2014-03-06 05.52.19

自転車+ファッションの草分け的な存在なだけあり、各アイテムの充実っぷりはさすが。

これからの時期なら、シャツ、パンツ、かばん、靴下などトータルコーデも簡単にできそう。

 

パンツはよくストレッチが効いてて、中距離(100km)ぐらいなら問題なく走れる。お気に入り。

また、ジャケットとかスーツスタイルも提案してて、動けるフォーマルな服装もある。

スクリーンショット 2014-03-06 06.04.31

こんな感じ。(モデルさん効果もあるけど)

 

 

Rin Project

スクリーンショット 2014-03-06 06.15.21

 

『自転車に乗るときと、乗らないときとを、わけずにすむ』製品をお届けし、
通勤であったり、買い物であったり、お出かけであったり、
そんなときにふと起こる
「もうちょっと遠くに行けるかな」
という気持ちを、大切にしています。

自転車という、実はとても自由な乗り物に乗って、
シャワー代わりに汗をかいて、お腹が空いたらいっぱい食べて
心地よい疲れにまかせて、ぐっすり眠るために。

行き先は、どこでもいいのです。
汗かいて、いっぱい食べて、ぐっすり眠るための自転車遊び、
それがリンプロジェクトがいつでもしたい、自転車とする旅。

 

個人的に大好きなブランド。

服ももちろんかっこいいのだけど、オススメはアクセサリー類。

特にヘルメット。

スクリーンショット 2014-03-06 06.17.53 スクリーンショット 2014-03-06 06.19.27

 

カジュアルで女性でも使い易そうなデザイン。

NHKでやってるこころ旅で火野正平さんも愛用してますね。

スクリーンショット 2014-03-06 06.22.42

 

ちなみにヘルメットの下の帽子はbohemiansのもの。

ぼくも真似して持ってます。

 

 

 

 

やっぱり自転車旅は、気に入った服装がいいよね。

自転車って気持ちが体調に影響するから。

旅先で観光地巡りでも、ご飯屋さんとかも入り易いはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です