ロードバイクの購入が決定しました

久しぶりのロードバイク。

以前、「つぎ買うロードバイクの候補3台」というブログを更新したのだが、大きく舵を切りイタリアンヴィンテージの自転車を買うこととなった。

 

というわけで写真をちらり。

スクリーンショット 2013-12-21 4.57.15 スクリーンショット 2013-12-21 4.56.55 スクリーンショット 2013-12-21 4.57.39

1978生まれの金色OLMOである。

 

スクリーンショット 2013-12-21 4.57.50

チェーンリング好きすぎる。

 

どうですか。

渋い金色のボディ。たまりまてん。

 

 

実は以前にもヴィンテージロードの購入を考えたことはあったのよね。

そのときは大阪は松屋町にあるイタリアンビンテージのお店に行って、赤いOLMOに一目惚れした。

でも基本的にヨーロッパのヴィンテージロードはサイズが大きい。向こうの人は身体おっきいからね。

欲しい赤OLMOは575だったし。乗れない。

 

でもどうしても諦めきれなくて、よくヤフオクとか自転車屋さんのホームページを歩き回ってた。

見るだけでも楽しかったしね。

LEGNANO、GIANNI•MOTTA、ALEX•SINGERなんかの造形美はたまらなかった。

 

それから結構時間が経って、カーボンフレームもいいなぁなんて考えがでてきて冒頭のブログを書いたんだよね。

カーボンならではのストレートフォークも魅力だったし、なによりリドレーのデザインに惹かれ始めてた。

 

 

どうしようかなぁ。カーボンのリドレーかなぁ、ヴィンテージのOLMOかなぁ。

なんてずっと悩んでたのだけど、残り少ない(3ヶ月)学生生活を、急ぎながら走るのも嫌だな、と思って。

のんびり旅するには、クロモリのヴィンテージがベストだと感じ購入を決意。

ちょうどいいタイミングで金色OLMOも市場に出てたしね。

 

まだどこに行くとかは目的地は決めてないのだけど(というより行きたいところが多すぎるのだけど)、いろんなところに行ければいいなと思っている。

 

 

OLMOの到着はクリスマス前なので、そのあたりにOLMOの写真いっぱい撮って載せようかな、なんて妄想してる。

 

 

 

 

 

ヴィンテージのロードバイクの魅力がギュッと詰まった本たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です